• 診察のご案内
  • 医療機関向けのご案内
  • 病院指標
  • 患者様へのお知らせ
  • すこやか
  • 患者様・ご家族様の声
  • 求人情報
  • お問い合わせ

診察のご案内

診療時間
午前9時~午後1時
午後2時~午後5時
受付・診療時間
初診:午前8時~午後4時30分
再診:午前8時~午後4時30分
休診日
日曜日・祝日・年末年始(12月30日~1月3日)

※ 救急診療(東京都指定2次救急医療機関)は、365日・24時間応需
※ 急患の場合は、随時受け入れています

診療について

診療申込票を記入
紹介状をお持ちの方も、
紹介状をお持ちでない方も記入ください。
初診受付へ
保険証、診療申込票、紹介状を
お持ちの方は提出して下さい。

お預かりした保険証を
お返しします

各科の外来待合へ

再診について

再診受付へ
再診で診療科もしくは
専門外来を受診される場合
再診受付へ
CT・MRI・超音波・
内視鏡・生理機能検査等の
検査予約の方
再診受付へ
診察券を提出してください。

各科の外来待合へ

各検査科の受付へ

  1. 1 当院の再診では、一部予約診療を行っています。
  2. 2 予約外の診療は、予約患者様の後になります。ご了承願います。
  3. 3 予約日(検査を含む)に来院できない場合(キャンセル)は、
    出来る限り早めに各科外来受付(検査については、各検査の受付)までご連絡下さい。
  4. 4 前回受診から、3ヶ月以上来院されない時は、初診の扱いとなり初診料が発生する場合があります。

ページトップへ

院外処方せんについて

  1. 1 院外処方せんは、院外の薬局にご持参下さい。処方せんと引き換えにお薬を処方します。
    処方せんの有効期間は、発行日を含めて4日間です。
  2. 2 院外処方せんや保険薬局についてご不明な事がありましたら、総合窓口でお訊ね下さい。

ページトップへ

お支払いについて

  1. 1 当日の診療および検査が全て終了したら、会計窓口へカルテを提出下さい。
  2. 2 計算が完了しましたら、会計窓口より『名前』をお呼びしますので、請求額をお支払い下さい。
  3. 3 当日のお支払いが難しい場合は、会計担当職員にお申し出下さい。
  4. 4 診療費のお支払いにはクレジットカードがご利用できます。会計担当職員にお申し出下さい。
  5. 5 領収書は再発行できません。大切に保管して下さい。

ページトップへ

医療福祉相談について

通院中の様々な問題(経済的な事、福祉制度の利用など)について、ソーシャルワーカーが、福祉的な立場でご相談をお受けしています。 ※要予約
(相談の対応時間:月~金曜日は9時から17時、土曜日は9時から13時休診日は除く)

ページトップへ

セカンドピニオンについて

セカンドオピニオンとは、現在の自分の病状や治療方針について、他の医師の意見を求めることを言います。患者様が当院以外の医師の意見を求められる際には、当院での診療上のデータを提供いたします。
また、院外の患者様からのご要望に対して当院医師によるセカンドオピニオン提供も行っています。

(1) 他院、他医に意見を求めたい方へ

今現在の当院での担当医師へ直接お申し込み下さい。なお、セカンドオピニオンに必要な資料については、若干の時間と費用が発生することをご理解下さい。病状によっては、ご希望に添えないことがありますのでご了承下さい。

(2) 当院でのセカンドオピニオンの提供を受けたい方へ

  1. 1 相談窓口は、医事課です。
  2. 2 費用は、30分 15,750円、30分超60分まで31,500円、60分を超える場合には15分毎に10,500円加算となります。
    (消費税込。健康保険は適用されません。)
  3. 3 セカンドオピニオンをお受けできないケースが幾つかありますので、必ず事前に担当窓口にてご相談下さい。
    相談窓口:医事課(03-3648-2111)

ページトップへ

患者様へ

  1. 1 院内敷地内に、患者様用の駐車スペースはありませんので、出来る限り自家用車での来院はご遠慮下さい。
    止むを得ない場合は、近隣の有料駐車場をご利用下さい。その場合有料駐車場内での事柄について、病院では一切責任を負う事は出来ません。
  2. 2 携帯電話は、医療機器に影響を及ぼす恐れがありますので、指定された区域以外での通話及びメールはご遠慮下さい。
  3. 3 院内は完全禁煙です。敷地内も指定された場所以外は全面禁煙となっています。

当院では、安全で質の高い医療を提供する為に、以下の行為を行った場合は、診療中であっても以後の診療をお断りする、または院外退去を求める場合があります。

  1. 1 他の患者様や職員に対して暴力を振るった場合、もしくはその恐れのある場合。
  2. 2 大声、暴言、または脅迫的な言動により、他の患者様に迷惑を及ぼす恐れがある、あるいは職員の業務を妨げた場合。
  3. 3 職員に対する執拗な強要行為により、職員の業務の妨げとなる場合。
  4. 4 医師等職員に長時間の対応を強要することにより、診療業務に支障を与える恐れがある場合。
  5. 5 院内での器物破損行為、もしくはその恐れがある場合。
  6. 6 その他、円滑な診療や業務を妨害する場合。

ページトップへ