• 診察のご案内
  • 医療機関向けのご案内
  • 病院指標
  • 患者様へのお知らせ
  • すこやか
  • 患者様・ご家族様の声
  • 求人情報
  • お問い合わせ

平成27年度 藤﨑病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 22 56 46 87 165 219 392 594 524 108
幅広い年齢層の方の入院に対応していますが、最も多い年齢層はH27年度では70歳~79歳でした。
また、0歳~9歳の年齢層も22例と小児の整形外科領域にも対応しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む)内視鏡的消化管止血術等 定義副傷病なし 106 2.08 2.76 0 68.24
06007xxx99x40x 膵臓,脾臓の腫瘍 手術なし 処置2_4あり 定義副傷病なし 26 3.58 13.90 0 73.73
060035xx99x30x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 手術なし 処置2_3あり 定義副傷病なし 19 4.89 5.51 0 56.11
主に1泊2日で行っている内視鏡下でのポリープ切除術、消化器領域の悪性腫瘍に対する化学療法(抗がん剤治療)を多く行ってお ります。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的消化管止血術等 定義副傷病なし 65 2.42 2.76 0 67.25
040080x099x0xx 肺炎,急性気管支炎,急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 処置2なし 58 16.67 14.34 5.17 76.05
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 37 8.51 5.50 0 65.59
外科同様、主に1泊2日で行っている内視鏡下でのポリープ切除術、高齢者の肺炎、急性胃腸炎などを多く診療しております。
脳外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2_3あり 定義副傷病なし 43 21.35 18.08 41.86 70.02
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 40 3.03 5.31 0 67.83
010230xx99x00x てんかん 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 19 5.89 7.03 0 65.89
急性期の脳梗塞を多く診療しています。急性期の治療終了後は、回復期のリハビリ病院等に転院して頂く体制も充実しております。
めまい、てんかんの診療も多く行っております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 83 36.71 28.70 60.24 80.94
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 81 5.23 5.70 1.23 52.79
160700xx97xx0x 鎖骨骨折,肩甲骨骨折 手術あり 定義副傷病なし 36 6.17 5.76 0 56.72
大腿骨骨折の治療を中心とした骨折治療及び専門的な手外科疾患に対応しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 4 3 6 5 3 4 1 7
大腸癌 3 15 19 15 7 42 1 7
乳癌 1 4 2 1 3 - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 1 3 - 1 1 7 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
大腸癌に対する化学療法の他、胃・肝臓・膵臓などの消化器癌に対する化学療法(抗がん剤治療)も積極的に実施しております。
10件未満の数値につきましては、規定により-(ハイフン)での表記とさせていただいております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 10 10.20 59.40
重症度 1 15 14.80 80.73
重症度 2 10 14.10 78.80
重症度 3 - - -
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
10件未満の数値につきましては、規定により-(ハイフン)での表記とさせていただいております。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 91 22.85 72.79 40.66
その他 15 38.07 73.47 53.33
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
発症3日以内の脳梗塞の件数が最も多く、急性期治療であるt-pa療法も行っております。
10件未満の数値につきましては、規定により-(ハイフン)での表記とさせていただいております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 57 0.11 1.00 0 67.60
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2cm未満) 45 0.42 1.00 0 70.13
K6335 鼠径ヘルニア手術 20 0.95 2.80 0 69.20
外科、内科の医師が内視鏡を担当しており、外科、内科各々で多く実施しています。
外科では、ポリープ切除術の他、鼠径ヘルニア手術も多く実施しております。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 36 0.92 2.50 2.78 64.58
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2cm未満) 34 1.06 1.41 0 70.24
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 18 4.72 25.33 55.56 76.50
外科、内科の医師が内視鏡を担当しており、外科、内科各々で多く実施しています。
内科では、ポリープ切除術の他、食事の摂取が困難な方が行う胃瘻造設術も多く実施しております。
脳外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 16 0.56 12.56 18.75 78.50
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) - - - - -
脳外科では、慢性硬膜下血腫に対する手術の他、脳動脈瘤および脳内血腫の手術も実施しております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0462 骨折観血的手術(下腿・手舟状骨・前腕) 108 3.03 11.60 2.78 57.68
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨・上腕・大腿) 100 4.78 20.63 39.00 69.96
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿・前腕) 86 1.01 1.28 0 59.58
整形外科では、骨折に対する手術の他、骨折手術時に体内に挿入した固定具の除去を行う手術も多く実施しております
その他(DIC,敗血症,その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 14 0.60
異なる - -
手術・処置等の合併症の内容は
術後の創離開、術後の感染症、その他術後の合併症、人工股関節脱臼、体内固定具の合併症、挿入物の合併症となります。
10件未満の数値につきましては、規定により-(ハイフン)での表記とさせていただいております。
更新履歴